南島幻が撮影した彩雲と太陽の光南島幻が撮影した彩雲南島幻が撮影した琉球の光南島幻が撮影した神々の光

光のPHOTO GALLERY

  • 南島幻が撮影した彩雲 彩 雲 みることが出来たら幸運をもたらすという彩雲。希望の光を与えてくれる美しい彩りを 多くの人々に届けます
  • 南島幻が撮影した琉球の光 Sea Scape 海の彼方にあるニライカナイ。その理想郷から来る光を表現してみました。
  • 南島幻が撮影した神々の光 神々の光・風景編 全国を旅する中で出会う美しい風景。そこに神々や仏の光を感じる瞬間がある。 そのとき僕は魂で撮る。
南島幻のプロフィール
南島幻の写真教室
南島幻のWORKS
南島幻の作品販売

日々の流れ

阿部さんの作品!
日々の流れ · 02日 4月 2021
 先月2月の22日、林幽寺で聖徳太子御忌法要がありました。 その時書家の阿部豊寿さんが席上揮毫をされました。 前回のブログでも紹介したのですが、阿部さんとはFBで繋がっていて僕の作品展に来場して頂いたりして良いお付き合いをさせてもらっています。 僕は林幽寺の門徒であるが彼も同じ門徒であることを知り奇遇であると思った!...

東日本大震災を振り返って
日々の流れ · 11日 3月 2021
 今日で震災から10年が経ちました。 自分の中でも風化させないために朝から取材したたくさんの写真に目を通し震災を降り返って見ました。 東日本大震災が起き、居ても立っても居られなくなって一月が経たない4月の初めに被災地に向かいました。...

美川の川津桜
日々の流れ · 08日 3月 2021
3月7日、この日は天気はそれほど悪くはなかったのですが日差しはあまりなく冷たい風が吹く日でした。 美川にある小さな川沿いに川津桜の並木があることを数日前に知り、そろそろ見頃では無いかと思い出かけてみたのですがまさに8分咲きの見頃でした! 川沿いに咲いていると言うことで川面の煌めきを背景に持ってきてボケを出してみようと考えました。...

今を変えれば過去が変わる
日々の流れ · 26日 2月 2021
「今の自分を変えれば未来が変わる」という言葉はよく聞きます。 「今を変えればそこから過去も変えられます」というのは理解できますか?  僕も此の言葉を以前に聞いた事があり、理解できないままで記憶の奥底に眠っていました。 しかし最近、福岡県にある弘善寺の柴田泰山住職の話の中で再び此の言葉に触れる機会がありました。...

聖徳太子御忌法要
日々の流れ · 22日 2月 2021
 先日、友人である書家の阿部豊寿さんから電話が入った! 「今度、林幽寺で席上揮毫をするのですが住職と打ち合わせの時、幻さんの話しが出て幻さんも林幽寺さんの檀家であることを知り、驚きましたと」いうことであった! ...

小豆島の思い出
日々の流れ · 09日 2月 2021
 小豆島の旅から帰ってしばらく経つが振り返って記録を留めて置きたいといういう思いが湧いてきた。 コロナ禍の影響でGo To Trabvelが中止になる中、昨年より予定していたこの旅を止めることなく行って良かったと思う。...

龍神の縁
日々の流れ · 30日 12月 2020
出会いの妙・・・不思議・・・ 写真家として活動する中、津曲佑蒼子という書家とご縁が出来た。そして彼女と行動を共にしていくうちに様々な作家との出会いが始まる。 昨年より福井に足が向くことが多くなっていた。そんな矢先、彼女の作品展の来場者で作家の恵子さんが出展している福井の会場にを訪れることに・・・...

日々の流れ · 13日 12月 2020
僕は毎年、金沢のしいのき迎賓館で作品展を行っています。 数年前から毎回、足を運んで頂く年配の姉妹がいました。僕の作品を大変気に入って頂いていて会場でお目にかかれることが喜びでした。 3年ほど前から妹さんの方が身体の調子が悪くなり来られなくなりました。お姉さんの喜代子さんはその後も一人で来て頂いていました。...

日々の流れ · 10日 6月 2020
先日、久しぶりに夕霧峠に朝陽の撮影にいった! ここは字のごとくとても霧が出やすい場所です! 夜明け前の4時くらいは霧で視界が悪く朝陽は眺めないかと心配していました。 しかし、日の出の時間を過ぎて厚い雲間から太陽が姿を現しました。 そして目まぐるしくその表情を変えていきました。構図は変えないで30分くらいの間で撮ったものです。...

仏陀のたとえ話し
日々の流れ · 19日 4月 2020
仏陀のたとえの中に「毒矢のたとえ」というのがある。 ある時、頭の良い青年が毒矢に射られた。 その射られた青年は駆けつけた医者に「この矢を射た者は誰か? 弓はどのようなものか? 弦(つる)は何で出来ているか? 矢羽はどんな羽で出来ているか?」と真実と事実を知ろうと尋ねた。 がその真実を知る前にその青年は死ぬはずだ。...

さらに表示する